こんな依頼だと営業代行を断られることも

近年、ビジネスの多角化された細分化事情があり、経費面や合理性からいうと自社で賄える範囲を逸脱しているという事が起こっています。その分野のために人材や、技術を投資したとしても、費用対効果の面で収益を上げる事ができないなどといったところでしょうか。
そうした場合にはむりして投資をするにはリスクもあり、なかなか先が見えないので、その部分のみを外部に委託するといった企業が増えてきています。
それを営業代行という名目のサービスがたくさん出始めています。昔からある言葉で簡単にいうと外注と言えばイメージがわくと思います。

この営業代行には、通常ならば営業マンが行う、アポ取りや商談、そして契約、供給とのお客様とのやり取りを一部、もしくは全てこの営業代行が行いビジネスとして成立させているわけですが、企業はその大工業に依頼をする事で、契約が成立する形もあれば、出来高払い的なやり方もありその決済方法はその代行側によって、様々です。
しかし、現在では、派遣業者に関して、二重派遣に対して厳しい部分もあり、業者と契約企業の枠を超えて、その他の団体の指示を受ける事は法律で禁止されています。
わかりやすくいうと、A企業がB企業の指示を受けながら仕事をしなければならない現場に行かなければならない時に、そのA企業がX派遣業者と契約をし、X派遣業者の派遣社員を現場に行かせ、B企業の指示に従って働くと言う事です。
これは、B企業が直接派遣社員に指示をする二重派遣に値します。
営業代行業者でも、そのクライアント企業が業界では当たり前と言う事でも、かなり無理難題とされる価格交渉などは、一般的にスキルも必要になり専門的な知識が更に必要な場合などに関しては、断れることも多いです。
根性論の営業代行はその後の契約に結び付けがたいという理由からです。

営業代行に依頼して成果が出なかった場合

営業代行サービスは現代の社会において、企業が行う営業を代行し、より効率よく販路を拡張するための方法として利用されるようになっています。
まだまだ全国各地で盛んに利用されているというわけではないのですが、営業代行の市場は拡大傾向にありますから、今後より身近な存在になることでしょう。
営業代行サービスを利用するという場合には、必ず費用が発生することとなります。
その費用形態は様々ですが、それでは「依頼成果が出なかった」という際にはどのような形になるのでしょうか。
これは大きく分けて二つのパターンに分かれます。
まず「成果報酬型」と呼ばれるパターンです。
これは依頼を受けた業者が営業を行い、全く契約に至らなかった、またはアポイントメントが取れなかったというような場合には、費用を全く支払う必要がないという形式です。
その分、大量の契約ができた、アポイントメントが取れたという際には費用が高額になる傾向がありますが、成果が出ないのであれば費用を払う必要は無いということになるのです。
次のパターンが「固定型」と呼ばれるパターンです。
これは期間や回数といったような方式で契約を結ぶものであり、このパターンで契約をしたというような際には、営業代行がどのような結果になったとしても費用を支払うこととなるのです。
しかしこの固定型は大量の契約が取れたという際に支払う報酬が増えるということはありませんから、安定した継続利用ができるというメリットがあります。
営業代行の目的は「営業活動を成功させる」ということにあるのですから、万が一依頼成果が出なかったという際にはどういった形になるのかということを、依頼する前にしっかり確認しておくようにしましょう。

営業代行を利用するのはこんな業種が多い

新たに起業したばかりでまだ自前の営業部門が整っていない場合、よく営業代行が利用されますが、実際には、すでに自社に営業部門が存在しているのに利用される場合も少なくありません。
なぜなら、営業コストを変動費化できるメリットがあるからです。自社で営業スタッフを雇うと、人件費がかさみますし、人材育成のためのコストもかかります。せっかくスタッフを雇っても、経験が浅いなどの理由で営業成績が思うように上がらなかったり、最悪の場合は、教育途中で退職してしまったりということもあり得ます。しかし、営業代行に依頼すれば、これらのリスクを回避することができるのです。必要な時に必要な人材のみを期間限定で雇うことができるので、たとえば新商品を発売した時や、新規事業への参入時、テストマーケティングをする時などには、有り難い存在です。
業種として多いのは、やはり流通、通信、IT、不動産、サービス業などです。これらは、外部のプロに任せようと判断する場面によく直面するからです。典型例がテストマーケティングです。軌道に乗るかどうか分からない事業に、固定費はつけにくいものです。特に、電話でのコール営業が主体になる場合は、専用拠点も含めて外部を活用する方が得策です。
営業代行の企業は、アポイント獲得に特化したものから、受注獲得まで全般を代行してくれるもの、電話営業専門、Webを中心としたインバウンド型の営業など、さまざまな形の営業のノウハウを持っています。そのため、ベンチャーや中小企業のみならず、大手企業でも年々ニーズが高まっています。